読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Microsoft Visual C++ 2010 Express Win32 dllメモ

プロジェクト作成
[新しいプロジェクト]→[Win32]→[Win32プロジェクト]

アプリケーションの設定
アプリケーションの種類:DLL
追加のオプション:シンボルのエクスポート

(プロジェクト名).cpp
関数とか変数:(プロジェクト名)_API をつける必要あり(_stdcall,_cdecl の代わり?)

DLL_API int func(void){
return 100;
}

(プロジェクト名).h
(プロジェクト名)_API + シグネチャ とか記述する

DLL_API int func(void);

同様の例が勝手に記述されてるので、参考に

ビルドすると、dll、libとかできる
(アプリケーションの設定でシンボルのエクスポートを選択しないと、libは作成されない)

使う場合:
上記の(プロジェクト名).hをincludeする
(上記のプロジェクトのソースを参照できるようにして、追加する
(ソリューションエクスプローラーで追加しても参照できるパスじゃないと駄目)
もしくは
同名(同名じゃなくても良いか?)のヘッダーを作成して、コピペ)

libの追加
ソリューションエクスプローラーで右クリック
[追加]→[既存の項目]→上記のプロジェクトで生成したlibを選択

それでビルドはできる
ビルドしたらexeファイルのあるとこにdll持ってくか、参照できるとこにdllを持ってく

参考
http://homepage2.nifty.com/c_lang/sdk2/sdk_119.htm
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1154478926