processing勉強

processingのコードについて、自分でコメントを入れた。
これくらいのものをすぐに作れるようになると少し面白いかもしれない。

コード

size(500,500);
//size(width,height)
//windowのsize
colorMode(HSB,360,256,256);
//colorMode(RGB or HSB,red,green,blue,alpha)
//HSBモードというのがある(別途勉強)
background(0);
//background(gray)
//specifies a value between white and black
//colorModeで指定した形式で
noStroke();
//図形の枠なし
smooth();
//図形のエッジを滑らかにする(アンチエイリアス)
rectMode(CENTER);
//rectの座標指定を設定する
//rectMode(CENTER) ... rect(中心のx座標, 中心のy座標, 幅, 高さ)

for(int i=0;i<720;i++){
  pushMatrix();
  //現在の座標をpushしておく
  //この場合は(0,0)をpush
  translate(random(width),random(height));
  //現在の座標から引数の量だけ移動
  //この場合はwindowの全体からrandom
  rotate(random(PI/2));
  //0~90度の間でrandomだけ回転
  scale(random(0.5,5));
  //座標を拡大
  //らしい、rectの大きさが変わる
  fill(random(0,90),255,255,51);
  //fill(red,green,blue,alpha)
  //redだけrandom
  //HSBモードのため?、red以外も変化している気がする
  //alpha=255で透明じゃなくなる、alpha=0で完全に透明
  rect(0,0,10,10);
  //rect(x, y, width, height)
  //大きさは変化してないがscaleが変わってるので大きさが変わる
  popMatrix();
  //pushしといた座標を取り出す
  //この場合は(0,0)にもどす
}

結果