読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

祖母に聞いた戦争

そんなに聞けた訳ではないけど、忘れないため

疎開先は家族バラバラ

祖母の家族構成は聞けなかったけど、疎開によって家族バラバラになったらしい。祖母が二十歳の時で、バラバラになった理由は職場ごと疎開になるから、で、祖母の場合は働いて自立できるくらいの年齢だったからかもしれないけど、ちょっと驚き

金属は全て持っていかれる

鍋とかの金属類は国に没収されるっていう話を聞いた覚えがあったので聞いてみたところ、腕時計や歯も持っていかれたと聞いた。金歯とかを持ってくということらしいが、まさか歯まで抜いてもってくって頭おかしい。
持っていてもしょうがなくて、見つかろうものなら「非国民」と言われるらしい。今の祖母の世代はそれが常識の世界で育った世代ということで、民主主義に染まった平成生まれとしてはフィクションみたいな世界だ。

焼夷弾で昼のように明るくなる

こんなアニメーションを学校とかで見せられた気がするけど、これは実体験をしてみないとその凄さが分からないのだろうな。そこら中、火事みたいなもんなのだろうけど、火事も映像でしか見たことないし実感がわかない。
現代では?、民間人を狙うようなことは避けられているようだけど、当時は見境がなかったってことだろうか。

こんな環境を強要する国がまかり通っていたなんて恐ろしいし、祖母からすると北朝鮮みたいなもんだったらしい。たかだか2世代前の話で、こうまで違うのかと感じた。