ゲームの賞金問題について

今北産業みたいなまとめがイマイチないので、簡単にまとめる

前提

カジノ合法化に関する100の質問 : スクエニ社、「ガンスリンガーストラトス」大会の賞金仕様を変更
日本におけるeSports文化の障害、最大賞金額10万円までの制約 – DAMONGE

上記に記載されているがこの問題の前提として、賞金が景品表示法によって制限される(最大10万円)、という認識があった、はず。
実際に「ガンスリンガー ストラトス3」では制限されたらしい。
JeSUの発足もこれに基づいているはず。

この前提に関するソースが乏しい。
ネット上にないだけで、「ガンスリンガー ストラトス3」のケースではスクエニ?と消費者庁でコミュニケーションがあったはず。

近況

カジノ合法化に関する100の質問 : JeSUのオワコン化が止まらない:もはやファミ通すら擁護できず
消費者庁がeSports賞金に関して「プロ・アマを問わず」景品類に該当しないとコメント – DAMONGE

消費者庁表示対策課長・大元慎二氏:
「esports大会出場者が優れた技術によって観客を魅了する仕事をし、その報酬として賞金を得る場合、その賞金はプロ・アマを問わず、景表法で言う"景品類"には該当しない。」

よく分からんけど、前提が覆っている。
JeSUとかどうでもよくて、前提が変わったことが重要では?

この認識に基づいて、高額賞金を出している大会は現状なさそう?

消費者庁

表面だけみてると消費者庁の反応が変わっただけに思える。